topimage

2020-09

そもそもは人間の種類がちがうんだからねぇ - 2020.09.15 Tue

今朝も居間へきたら寒かった。24.5℃。
次第に秋らしくなってきた。
昨日は朝から一度もエアコンを入れなかったしィ。

天気は相変わらずはっきりしない。どんよりと曇り。
秋晴れのすっきりした空がないな。
秋田の冬は毎日こんななのか? って聞いたらもっと暗いそうな。

去年の9月はおペケが、その秋田に帰ったんだな。
いまから食事会するゥ。
向こうからの電話の声が弾んでいた。

ま、誰にとっても「故郷は善き哉」なのだ。
なんたって、長年馴染んだ空気だからね。
それだけで、ホッとするんだ。

「故郷の空気には故郷の味がある」
これホントだよ。
名古屋のド真ん中から故郷帰ってくるとつくづく感じた。

東名高速の愛知と静岡野県境に2つのトンネルがある。
あれを潜ると空気の肌触りが変わる。
ちょっと、もわァとした温もり。

浜名湖の水面で気温が変わるんだと思う。
故郷ってものは離れてみてわかる。
ほんとうにありがたいもの。

 20915-a1.jpg

書斎でぼけぇぇ.......................... としていたら、傍をおペケが通った、
「あのねぇ.........」といいかけて、なんだったか忘れた。
ちかごろすぐに忘れる。

「思い出したらいってね」
「あ...............」
って、なんだい。いったい。

郵便局へ通帳を忘れてくる人を叱ったりできないね。
「いい加減にしてよ、もう........ 」だなんて。
ま、どんまい、どんまい、don't mind !!

オレたちには、差し迫ってすることもないからいいんだ。
めんどうだからあとまわし............. ですませられる。
のんびりいこうぜ。

そのうち、生きてるのがめんどくさくなるかもしれない。
「それはないと思うよ」
と、即座におペケが否定した。そうだな。

なにしてもめんどうだから、
もうすこし、ええからべぇに生きとくかぇ。
って、罰当たりな会話だ。

 20915-a2.jpg

オレは、せっかち人間だから、何事ももたもたがキライ。
「もう、せっかちなんだから...........」とおペケにもいわれる。
ま、いまに始まったことじゃない。

でかけるときもそう、時間前にせかせか。
おペケはっていうと、これが、
時間ギリギリにならないと支度できない。

「別に、間に合うんだからいいでしょ」っていうがイライラする。
せっかちは、辞書ひいたら「急きがちな人」とあって、
さらに、落ち着きがなく急ぐさま、だってぇ。

思い立ったらすぐ実行しないと気がすまない性格。
これは、そのままオレだ。アハ、大笑い。
1つのことに熱中したら、ほかのこところりと忘れてしまう。

ガキのころからこれだァ、いまさら急には変えられない。
年齢いって年齢なり、落ち着いたはずだけれど、
ま、性格はおおむねなおらない。

 

オレねぇ。ご飯食べるのもはやいのよ。
おペケが座らないうちに半分へってるからね。
おひとりさまのときは「ゆっくり食べる」と壁に貼ってあった。

「ゆっくり食べると痩せるってぇ」
だいたいが、こういうものが利いたためしがない。
ま、いいんだよ。死ななきゃ治らんからね。

20915-f2.jpg

欠点は利点でもある。
こういう人がいる。ま、そうかもしれない。
が、この人の仰ることの実行には努力がいるようだ。

たとえば、短気な人は怒りをすぐにぶつけず、
一旦踏みとどまって、怒りのエネルギーをほかに転換すればいい。
なんていわれても、自己を抑制する努力がいるからねぇ。

オレはそれが面倒くさい。
せっかちって、オレ自身は利点だと思ってる。
そもそもは、目的のないところにとどまらないってことだからね。

エネルギーは常に前向きなのだ。
理由もなく先へ先へとゆくわけじゃないつもり。
いまよりも、先へといつも進んでる。

え ? それはいいわけだってぇ。
そうかもしれないが、後悔するのはオレだから、
それでいいじゃん。

 20916-f3.jpg

いつも思うのだよ。
この先に、もっともっと、もっといいもの、
あるんじゃないか、ってね。

いつでも好奇心いっぱい。
いまは仕事してるわけじゃないから、どんどん好奇心もてばいい。
どんどん先へゆけばいい。

おペケと写真撮りにゆく。
こないんだな。イライラして待ってる。
たまに戻って見にゆく。

どうでもいいような所で、あっちいったり、こっちいったり。
無駄な努力みたいな........... なんていわないよ。
それはオレの主観だからね。

いまは、なにがいいのか、半分もわかってないんだ。
これはせっかちオイらも正解、ぐずぐずおペケも正解。
それぞれの視点で、それぞれの感性でなにか見つければいい。

だって、子供のときには「なんだ、なんだ !!」ってものがあれば、
必ず見に行ったよね。あれといっしょ。
好奇心ってものは自分の心を充たして、その先へ誘う原動力だな。

子供が「なんだ、なんだ !!」というときは、
時間も忘れて、そこにいたはず。
大人になると、ある程度わかるから、そういう心を失うのだな。

オレは、なんか落ち着いてたら損した気分になる。
おペケは、もっとイイ撮り方ないかな、とねばってる。
ま、それだけの違い。

大人は小賢しくなって、物事端折っちゃったり、
先へいったらもっと面白いかもと、どんどこ先走りしたりする。
現像していて「あ、してやられたァ」が、少ないけれどある。

素直に褒めるよ。オレ。
ま、刺激しあって、2人が愉しけりゃいいんだからねぇ。
ただし、ちかごろはほかの理由が生じてきた。

もう、ゆっくりいっしょにいってよ。
って、ときには自分を抑えるようになってきた。
大きな声じゃいえないが、気持ちはせかせかでも、足がねぇ。

 20915-f1.jpg

せっかちとも関係があるが、オレってヤツは短期集中頑張り人間なのだ。
ここ一番では人一倍の頑張りはするけれど、持続力はあまりない。
そもそも、 いい加減で怠けもんだしィ。

ちかごろは,もう、頑張らなくてもいいや......... って、
基本的にそう思ってるから、
年代にかかわらず、めっちゃ頑張る人は尊敬に値する。

オレみたいな,のらくら爺ィには、
まったくない要素であるから,これは尊敬しかないんだ。
その原動力はなんだろうか。

のほほんごんべとどこが違うのかねぇ。
オレは、40歳目前で組織というやっかいなものから外れた。
そして起業してからは、それなりに頑張ってもきた。

亡き人の病とかあって、50歳半ばで郷里に帰り、
2度目の転職をしたわけで、
こういう、やらざるを得ない環境つくると、しゃかりき頑張れる。

ヘッドハンターというとカッコいいが、
実績あげねば、ぼろくそのカスだからねぇ。
そういう実力主義の会社だったから、そりゃァ身がひき締まる。

オレ、そういうところへ自分を追い込むのは得意なのだ。
ただし、短期集中でせいぜいが5年が限界。
あとはちんたらができない事業請負人だから、区切りがある。

結局は、64歳までもうひと踏ん張りの2クール頑張った。
あァ、オレはもう燃え尽きたァ。そう思ったことはなかった。
ただし、能力の衰退というものはある。

それを感じたから、なんの未練もなかった。
オレが育てた連中が、それに気づかないうちに、そっと離れる。
これが仕事師の退きの美学だと想っていた。

そう想った途端に憑きものが落ちてか、まいど........ って、
どこやらから出てきた怠けもんの神さんで、
いつしか懇ろぞっこんになってしまった。

正直にいえば、残り火がないことはない。
でも、いまさら燃やしちゃいけない、そう思ってた。
もう、あのころの力はないのだから、これでいいんだってね。

それに尽きる。
いつまでも頑張れる人って、オレとは人間の種類が違うんだと思ってる。
だから、素直に自分にないものは尊敬する。

けれども、
そもそもは人間の種類がちがうんだから、
自分もそうしようとは思わない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=12045 ⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら
⬅️tumbir Blog 一日一写 はこちら


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

【雲の動き】

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく










   


   

Counter

My Blog & site

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

略してごんべ

Author:略してごんべ
「Gombessa」
スペルが面倒だから
「略してごんべ」

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する