topimage

2020-09

怒らないから正直にいってごらん - 2020.09.04 Fri

昨夜から 雨、蒸し暑いし、天気病みだし、あァ、不快。
台風10号は、まだだいぶ遠いけれど、列島は低気圧に覆われている。
さきほどからエアコン入れた。
 
 ものかなし音もなく降る秋の雨  ごんべ

最近は秋のセンチメンタルは欠片もない。
9月だというのに暑すぎる。
アツイだ、サブィだいうだけで、秋の感傷もさっぱりない。

以前の住処は郊外だったが、ここでは季節の移ろいを感じないのだ。
コンクリートの街には情緒がないな。
便利なことを選んだのだからしかたがない。

遠雷の音がするよ。北の方は真っ黒な雲が垂れてきた。
こんな天気だから、自衛隊基地はハンガークローズ。
音がしなくて静かだよ。エンジン音がしてきたら 天気回復の証し。

 2094-a5.jpg
 ↑ 昨夜の雨

食事を始めたらおペケがえらいハイテンション。
「ン? あんた、飲んでないか」
「飲んでるわけないじゃない」

「怒らないから正直にいってごらん」
「飲んでませんッって」
「そうかな?」

おペケだって、飲みたいときがある。
オレがドクターストップで飲めない。
だから、たま〜〜〜にキッチンドリンクする。

オレのまえで飲むと可哀想だからと、
ナイショでワインを飲むことがたま〜〜〜にあるらしい。
てっきり、それかと思った。

 🔽 ごはんめも


「美味しい。美味しい、このステーキ !!」
おペケの興奮は、どうやら、このステーキにあったらしい。
たしかに、極上フィレだからやわらかくて美味い。

「ほんと飲んでないか」って疑り深いヤツだ。
ま、どっちでもいいか。
こんなに興奮してよろこんでるんだからな。

 2094-a2.jpg

朝日新聞が路線変更するわけはないと思うが、
安倍内閣をどう評価するかの世論調査で71%が、評価すると答えた。
で、同紙調査で次期総理はだれに? 菅さんがトップになったとか。

これって、朝日新聞初めとするメデイアが、
この7年余りの足引っ張りに対する否定でもあるよね。
国民は騙されずに視るところは視ていたという。

石破さんが国民にダントツ人気だとメディアはいってきた。
多くの人が「え? 自分の周りにそんな雰囲気まったくないぞ」という。
メディアが担ぎたい人、メディアに人気の人だろ?

あるいは、メディアの後ろにある、そうあってほしい勢力の代弁とか。
ここへきて、そういうものが一気に可視化されてきた。
バカバカしくて、テレビの坂上だの、ミヤネだの、視る気がしない。

 2094-f2.jpg

タチウオとカサゴは,ほんとうに食べたくて釣りにいった。
どっちも美味しいんだ。
口のなかにいれて噛むと,その身の弾力が歯を跳ね返す。

「いま、刺されたろう」と船頭が、
いわなくてもいいことを、マイク使っていう。
一荷で釣って大喜び、つかみ損なって1尾が太股に落ちた。

こいつの魚の背びれには微毒がある。
チクリときて、刺されたところが痺れてきて、
オレが、顔をしかめたのを船頭がみていた。

その日はやや不調だった。
やっと釣れたカサゴだったから、乗り合い客に船頭がアピールするのだ。
ま、景気づけの道化役だが、太股にまわった毒はかなり痛かった。

大袈裟にしたくないが、すっきん、すっきん。
太股が疼くのだ。
けれども、時合がきたらしいから手は休めない。

漢字で書くと虎魚。英名で Stone Fish.(石魚)。
見てくれは悪いが、美味。
沖で釣るヤツはオコゼでもある。

 山の神オコゼばかりを膳につけ

江戸時代は、精のつく魚とされていて、
オカミさん、目的もって亭主にせっせと食わせたそうな。
煮付けよし、鍋よし,これからが旬となる。

寒風の沖に出て、
身をきるような寒さを我慢するのも、食いたさゆえである。
この時期は、アマダイ、オコゼ、どちらが釣れても美味。

カサゴの大きめは鍋だが、ちっちゃめの唐揚げがまたいい。
まるごと、二度上げして、かりかりと食っちまう。
こいつは,テトラポットの穴釣りにゆく。

スーパーのカサゴの悪面みて、食いたいッと思った。
が、やめた。自分が釣ってきた味と違うのだ。
どうしてだろう?

 2094-f1.jpg

台風は、ご存じのように低気圧の親分。
大気圧が低いのだから、その圧力は水面にかかる。
これが、魚の食い気に影響するって考えたことがある?

空気の中で暮らしている地上の生物と違って、
魚にかかる水圧は陸上とは比較にならないのだ。
深海から釣り上げた魚の目が飛び出してしまうのは、これ。

気圧の変化に耐えられないからだ。ところが、そうでない魚もいる。
調節器官である浮き袋を持っている魚だ。
だいたい、岸まわりの浅いところに棲息している魚は気圧の変化に弱い。

低気圧が接近してくれば気分が悪くなって、
そんな状態で活発にエサを追うことは少なくなって当然。
ただ、水圧の変化で台風の接近を知るから、その影響がでる直前には荒食い。

タイミングとしては、かなり短いし、見定めが難しい。が、知る方法がある。
いわゆる天気病みという、天候が悪くなると気分の悪くなる人がある。
そろそろ頭が痛い、重いというときに釣りに出かける。

台風の通過後は、荒れ後も海を掻き回してくれるので、
エサが豊富になって食いが立つ。湾奥の潮が停滞するような場所は、
台風が表面流を吹き飛ばし、潮が入れ替わって好条件となり、急に食いたつ。

それでは低気圧とはなにか?
気圧の低いところでは周りから空気が中心に向かって吹き込む。
吹き込んだ空気は上昇気流となって上空に向かう。

海上、陸上の湿った空気は上空で冷やされ、水蒸気が雲になり、雨となる。
この上昇する暖気のスピードが速いほど、
あるいは水蒸気が含まれる量が多いほど、降雨量は多くなる。

台風は低気圧の親玉で、熱帯に発生した低気圧が発達して、
圏内の風力が17m/秒以上に達したものを台風という。
中心部に向かって強い風が渦巻きながら吹き込む。

遠心力によって、その中心は空気が入り込めなくなり、台風の目が形成される。
日本へくる台風が左巻きなのは地球の自転によるもので、
北半球は左まわり、南半球は右まわり。

地球の自転による慣性で海の水も空気もこのように動く。
風呂の栓を抜いてできる渦がこれを示している。
男には、こういう天変地異にはわくわくする本能があるんだ。

これがなにかというと、太古からのDNAの先祖返り。
原始人間は天変地異などが起きると、じっとやり過ごすしかないが、
そのあとに平常時とは違う獲物のあることを知っているからだ。

あ、雨が上がったか。
ほなあした.....................

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=12045 ⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら
⬅️tumbir Blog 一日一写 はこちら



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

【雲の動き】

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく










   


   

Counter

My Blog & site

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

略してごんべ

Author:略してごんべ
「Gombessa」
スペルが面倒だから
「略してごんべ」

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する