topimage

2020-09

いつもは2人ときどき1人 - 2020.09.02 Wed

朝から風が強い。次第に熱風に変わったのでエアコンオン。
オレの頭がちょっとだけ重いので気圧の変化があったかな。
台風9号、10号と九州にはお気の毒なコース。

10号がゆけば朝鮮半島縦断3連チャンという。
それ以上はなにもいわない。
海水温が高いので台風が発達する。大きな被害のなきよう祈る。

最近は「天気病み」する人が多いんだっていう。
医学的な根拠もいわれるようになった。
低気圧が近づくと頭が痛かったり、膝が痛かったり、目眩がしたり。

オレも、このケがあるから、世間が理解することはいいことだ。
兄妹のうち、オレを入れて3人がこれだからね。
亡き人も呼吸器系の病気だったから、低気圧がつらかった。

そう、あのころオレ、気圧計のついた時計していた。
理解してあげようと思ったのだ。
気圧が上がってきたからな。もう少しの辛抱だなんていえた。

加齢したら、オレがそれになった。
いつかも書いたけれど、目に見えないところで、苦しむってつらいのだ。
オレの薬害後遺症は怠け病だといわれ、ずいぶん苦労した。

不定愁訴というしかない。
原因のはっきりしない苦痛なんだからね。
これはつらい。ま、一生のお付き合いだけれどね。

昨日遊びにきてくれたおペケの姪御さんはベテラン看護師さん。
2人が飲んでいる薬を即座に調べて解説してくれた。
なんか心強いのだな。

 9200.jpg

それで、1年ぶりに姪御さんがきてくれて、
2人で半日余喋りまくり、おペケのストレスの解消になったと思う。
やはり身内と心置きなく話すってことは大切だな。

お昼は、2人で用意しての「寿司パーティー」だった。
このお方が送ってくれたマグロなのだが、いやァ、美味かった。
2人はビール飲んでる。

飲む? と一応聞かれたが、偏頭痛があるからやめとく。
身体が欲していないときは、やめておいたほうがいい。
それにしても、よー飲むわ、2人とも。

 
 
姪御さんが帰ったら夕方。
「あら、もう、夕餉の支度だよね」とおペケがいう。
「そのヅケで丼でイイよ」

お昼とおなじもの。それでも美味かった。
おペケが顔色読んで「足りた?」という。
これ以上食べたらいかんがや。

昼に、なんかもうちょっと.......... ということがある。
オレが「なんかちょっと」という。
「なにかする?」

こんなときに「隠し玉」がでてくる。
たとえば、チョコピー。好きだな、これ。
「その1コがでぶになるゥ」と頭のなか掠める。

おペケもアマいしねぇ。
ええィ、しったこっちゃないって.............
ダメだこりゃ。

 2092-a2.jpg

おペケが寝てしまってあとは、電気が付いているのは、
オレがうたた寝している書斎だけ。
昨夜もマウスもったまま、小一時間眠ってしまった。

半分朦朧として、寝室への廊下へ出たらいきなり、でたァ。
なにがって、手洗いからぬぅ〜〜とおペケが、でたァ。
びっくらこいて、おらァ、眠気が覚めた。

「ビックリしたの? オバケじゃないよ」
別におペケが怖いわけじゃない。
予期せぬところに、ぬぅ〜〜とだからびっくらこく。

 2092-a1.jpg

目覚めた。
寝返りして、隣のベッドをみた。
誰もいない。

さッ................ と全身の血が引いた。
あの、ひとりぼっちになったときのトラウマが、
一瞬、フラッシュバックした。

「どこいったァ..........」
「いるよ」

オレが寝惚けただけ。
なんか、13年経ってるのにねぇ。
まだ、そこに落ちるのか。

 2092-f1.jpg

そういえば、この夏は蚊がいなかった。
あまりの暑さに、水溜まりの温度が高くて、ボーフラが育たないんだと。
だから、電気蚊取りも一度も登場しなかった。

9月も2日、秋はセンチメンタルっていう。
それが、わかるようになったのが、あの、おひとりさまのころ。
気温が下がってきて、あの3DKに居場所がなくなるのだねぇ。

もうすこし寒くなれば、四角四面の炬燵独占で、ずんぶり定位置があるけれど、
秋になったばかりは、どこへいっても薄ら寒いから、
ついつい心が縮こまって、わけもないのに、落ち込んでしまったり。

おまけに雨模様だと、不定愁訴がくすぶって、
なんか、気分が乗れず、落ち込むほどではないけれど、いたたまれない。
ま、365にちのうち5日くらいある、わけわからん日がね。

これは1人のときだけれど、2人でいるとこれはない。
あるのだろうけれど、否応なしに人と接するから、
穴ぼこに入ってる暇はないし、相方の明るさに救われる。

「ひゃァ......」とおペケの悲鳴が聞こえてきた。
「どぅした?」書斎から動かずに声だけ掛けると、
「うぇーん、私の茶碗わっちゃった」

こうやって、どたばたやってるうちに今年もあと4ヶ月だよー。
これで台風がいってしまうと、西の吹き返しが吹く。
今月も半ば過ぎればTシャツ短パンもおわりだな。

西風が吹き始めるよ。
まだ、気温が高いから空っ風も赤ちゃんだけれど、
そのうち電線が虎落笛を鳴らすと、遠州の空っ風に育つからね。

それで風呂に湯を張るようになると炬燵の登場なのだ。
その炬燵ずんぶりが、おひとりさまの象徴だった。
1週間に1度か2度は、そのまま朝まで転がっていた。

あれってね、冷たい布団へいくのがイヤなんだ。
のこのこ起きてベッドへいく。
潜り込んだ布団の冷たさに、ひとり暮らしを思い知らされる。

それがイヤで、そのまんま炬燵で寝ちまう。
たしかに、うたた寝の延長で眠ってしまうのは、
ヤモメ冥利だったからねぇ。

そういう心が寒い日は、
闇のなかの魑魅魍魎が、浅い眠りのなかに、
這い擦り込んできては、夜ごとに苛むのが怖かった。

だから子供が寝ぐずりするように、
疲れ果てるまで起きていて、意識朦朧としてぶっ倒れて眠った。
そうするしかなかった。

で、それがいまでも抜けきれない。
いつ眠ったかわからないままに、パソコンデスクで眠ってしまう。
布団のほうはおペケが電気毛布を入れておいてくれる。

1人より2人がいいに決まってるゥ。
でもねぇ、どこかに2人とも、長すぎたヤモメの殻がくっついてる。
だから、それを理解しつつ、いつもは2人、ときどき1人。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=12045 ⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら
⬅️tumbir Blog 一日一写 はこちら


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

【雲の動き】

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく










   


   

Counter

My Blog & site

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

略してごんべ

Author:略してごんべ
「Gombessa」
スペルが面倒だから
「略してごんべ」

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する